アボカドでアンチエイジング

私にとって「食」は元気の源!
食と書いて「人を良くする」と読みますものね。

 

30歳後半を過ぎた頃から、食を通じていつまでも若々しい身体でありたいな・・・という考えが強くなり、アンチエイジングに良いといわれている食品や食材の食べ方を意識するようになりました。

 

一番意識して摂取しているものが「脂肪分の少ないたんぱく質」です。
若い頃は脂肪分の高いお肉が大好きでしたが、今ではヒレ肉や鶏肉・大豆製品に変わりました。

 

たんぱく質が多い食べ物の中でも特に私が好きな食品は「アボカド」です♪

 

このアボカド、ギネスブックでは「最も栄養価の高い果物」として載っていますよね。

 

アボカドは「森のバター」といわれるほど脂質が高いのも特徴ですが、脂質といってもそれは身体にとても良い「不飽和脂肪酸」であって、動脈硬化などを防いだり悪玉コレステロールの値を下げてくれる効果がある良質な脂肪というわけです。

 

また、抗酸化作用・美白効果もあり、ビタミンEもとっても豊富!(ビタミンEには老化防止効果がありますよ♪)

 

そういうわけで、アボカドはアンチエイジングにはもってこいの食材というわけで、私はほぼ毎日のよう食べています。

 

最近お気に入りの食べ方が「アボカド納豆」です。
味付けはわさび醤油だったり、オリーブオイルに岩塩をプラスしたり・・・。アレンジ自在です♪

 

これからも健康に気遣った食事作りで、毎日元気に若々しく過ごせたらいいですね。